プロフィール

墨田聖書教会

Author:墨田聖書教会


〒131-0031
東京都墨田区墨田3-19-4
tel・fax : 03-3619-0195

戦後、アメリカ人宣教師と地元の人たちとの協力により1954年創立。かまぼこ形兵舎を再生した下町向島にある教会です。

子どもから大人まで一緒に礼拝を捧げています。在日外国人の兄弟姉妹たちも集っています。共に祈り合う教会として家庭的な交わりを大切にしています。


「神はそのひとり子を
 世に遣わし、
 その方によって
 私たちに
 いのちを得させて
 くださいました。
 
 ここに、
 神の愛が私たちに
 示されたのです」

 ヨハネの手紙第一4章9節

カテゴリ
お問い合わせはこちらから

お名前:
メールアドレス:
お問い合わせ内容:
本文:

教会へのアクセス
東武スカイツリーライン「鐘ケ淵駅」東口徒歩約7分 京成押上線「八広駅」徒歩9分
リンク
墨田聖書教会へようこそ  

東京墨田区東武スカイツリーライン鐘ケ淵駅から徒歩7分。プロテスタント教会              

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- -- --:--
教会建築リノベーション
会堂リノベーション(2008年実施)


  原型となったコンセットハットです。
   300コンセットハット

米軍兵舎を利用した建築物は、世界各地で見られます。
その独特な形状から、教会として利用されることも多いようです。
日本では、戦後すぐに、簡単に組み立てられて丈夫なところが好まれ、
やはり教会として各地で用いられたようです。
キリスト教キャンプ施設には、今でもその名残を見ることができます。
しかし、時代とともに建て替えが進み、現在、東京ではこの墨田聖書教会だけとなりました。

老朽化が進み、新会堂建築も検討されましたが、
建替える前にこの愛着ある建物の面白さを、最後にできるだけ生かしてみてはどうだろうか、
という案が出されました。というのも、古い建築物に対する関心の高まりによって、
若いアーティストやまち歩きの人々、また建築の専門家などが、
建物見学に立ち寄ってくださる機会が増えてきたからです。

そして、2008年、50年ぶりに本格的に手を加えることになりました。
リフォームというよりも、リノベーションという意識を持ち、
施行は教会建築を数多く手がけている株式会社冨士土地さんに依頼しました。

       300旧会堂全景

       この旧会堂が、下の写真のように変身しました。
       高さ400玄関新会堂窓アーチ

詳しくはこちら、牧師夫人のブログ「牧師館のお茶会」のカテゴリー「リノベーション日記」をご覧下さい。




スポンサーサイト
2009.04.18 Sat 15:30

Copyright © 墨田聖書教会へようこそ   All Rights Reserved.

Material & Designed by 歩いた先には潰れた銀杏

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。