プロフィール

墨田聖書教会

Author:墨田聖書教会


〒131-0031
東京都墨田区墨田3-19-4
tel・fax : 03-3619-0195

戦後、アメリカ人宣教師と地元の人たちとの協力により1954年創立。かまぼこ形兵舎を再生した下町向島にある教会です。

子どもから大人まで一緒に礼拝を捧げています。在日外国人の兄弟姉妹たちも集っています。共に祈り合う教会として家庭的な交わりを大切にしています。


「神はそのひとり子を
 世に遣わし、
 その方によって
 私たちに
 いのちを得させて
 くださいました。
 
 ここに、
 神の愛が私たちに
 示されたのです」

 ヨハネの手紙第一4章9節

カテゴリ
お問い合わせはこちらから

お名前:
メールアドレス:
お問い合わせ内容:
本文:

教会へのアクセス
東武スカイツリーライン「鐘ケ淵駅」東口徒歩約7分 京成押上線「八広駅」徒歩9分
リンク
墨田聖書教会へようこそ  

東京墨田区東武スカイツリーライン鐘ケ淵駅から徒歩7分。プロテスタント教会              

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- -- --:--
教会スタッフ紹介

石川葉子

主任牧師 石川良男

東京都墨田区出身。町工場、石川鉄工所の三男として生まれる。10歳の時、治らない病気があることを知って怖くなり、神さまを求めて墨田聖書教会の日曜学校に通い始める。中学1年生の夏に参加したバイブル・キャンプでイエス・キリストとともに生きて行こうと決心し、洗礼を受ける。

子どものころから好きだった絵を描くことで、イエス・キリストの福音を伝える働きをしたいと思い、和光大学人文学部芸術学科に入学。2年生を終えた時、1年間休学をして渡米。アートスチューデント・リーグ・オブ・ニューヨークでリチャード・ブーセット・ダート師に師事。

帰国後、大学へ復帰。同時にSTUDIOーGOEとしておもにグラフィックデザインの仕事を始め、大学卒業後も継続。卒業制作は「130~190㎝の人にフィットする自転車」。舞台美術、プロダクトデザイン、都市計画などのプロジェクトスタッフとしても活動する。

その後、墨田聖書教会の牧師が亡くなり、自らが牧師となるチャレンジを受け、1989年、聖契神学校に入学。神学生として学びながら、これまでの仕事とともに、傷んだ会堂のメンテナンスなど教会の再建に励む。

聖契神学校卒業後、日本オープンバイブル教団・墨田聖書教会の牧師に就任。2011年まで、教団青少年教育部長をつとめ、ユースキャンプの働きに仕える。また、四谷インターナショナルスクール(小学生〜高校生)で、長年にわたって美術を教える。

趣味は料理。自転車や古いバイク、車の修理。ギター、ウクレレなどの演奏。教会のギター教室で教えるほか、寺島玉ノ井のまちづくり委員会に関わり、地元のコミュニティカフェでもウクレレ教室を開催。イラストの賜物を生かして、東京江戸野菜・寺島なすのキャラクターを考案。寺島なすでまちおこしを推進している旧玉ノ井、寺島地区を元気づける働きにこのゆるキャラ「寺島茄子之助」が2012年度より一役買っている。また、地元のアーティストたちと「自転車部」を立ち上げ、地域のアートイベントなどに参加するなど、まちの活性化に積極的に関わり続けている。

家族は2001年に結婚した妻、葉子と愛犬ボーダー・コリーのメルキゼデク♂。

伝道師 石川葉子
1998年、久遠キリスト教会にて受洗。2001年、石川良男牧師と結婚後、聖契神学校を卒業し、pray&hopeプロジェクトを立ち上げ、女性を支援する働きを始める。子どもや女性の支援・教育を中心として、教会奏楽者ほか、伝道師及び牧師夫人として、また文筆家・宮葉子としても、多様な働きを行っている。
著書に『こころのごはん』『アンが愛した聖書のことば』 (ともに、いのちのことば社)他。




スポンサーサイト
2009.04.18 Sat 15:45

Copyright © 墨田聖書教会へようこそ   All Rights Reserved.

Material & Designed by 歩いた先には潰れた銀杏

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。